今時代は電話エッチにシフトしているのかもしれない

80年代にテレクラが一時代を築き上げましたが、その後に登場したガラケーの出会い系が流行した事で通信料が高いアナログな電話というコミュニケーションは廃れていきました。しばらく、国内ではガラケーのシェアが9割だった頃に不意に発表されたApple社のiPhoneによってシェアが一転。2014年時点で国民の大半がiPhoneやAndroidのスマートフォンを利用しているのが一般的となるまでになりました。

スマートフォンやFacebookなどが出てから出会いを利用する人が一気に減少し、世の若い男性は草食化、女性が肉食化するという反転現象まで起こる始末。

しかし、無料通話アプリ「LINE」、キャリアの通話料定額化が決めてとなり若い世代で通話を主体とした出会いが少しづつ定着しはじめました。そして、今第二次テレクラブームにいち早く飛びついたのはテレクラ全盛期に20代だった現在の熟女達でした。

出会い系のようなメール交換や番号交換のような回りくどいやり方ではなく、テレクラを利用しているのならオナニーやセックスが目的なのだから「手軽に会話をして意気投合すればエッチをする。」これがテレクラの醍醐味と言える。

現在も店舗型のテレクラは存在はするがもっと手軽にインターネットを利用したツーショットダイヤルも存在しています。初回登録時に無料通話が6,000円分付いてきたりとお試しで利用する際に非常に有用だと思います。

電話エッチ無料案内所

コメントは受け付けていません。

PAGETOP